2012年03月19日

配偶者の自尊感情

娘のAmiは、アスペルガーだろうと、多少手がかかろうと、無条件に可愛い。なんとしても力を尽くして、できるだけ本人の持ち味を活かし、できるだけストレスを減らして、社会に順応できるよう、親として精一杯、支援したいと思う。

発達障害の親は誰でもそうでなければならないなんて、思わない。いくら頑張っても、受け入れられず、前向きになれない親だっていると思う。それはそれで、仕方がないと思う。私の親なら、絶対に受け入れないだろう。そういう親を子どもが受け入れるのは、もっと難しいと思うけど。

でも。夫のアスペルガー的態度には、いつまで付き合えるかまったく自信がない。もちろん、夫がアスペ的であるとわかってから、家庭生活はマシになった。夫も心の奥底では何か感じているのだろう。多少、態度が軟化した。そして、私は私で、アスペ夫の妻本などから得た、乗りきり法みたいなものを自分なりに取り入れて、ある程度、かわしかたを実践できるようになってきた。

再び、でも。
釈然としない。
夫は、
「俺は違うよ」
「医者が経験だけで診断するんだって」
あくまで否定する。その言葉の裏に、「障害者」や「精神病患者」に対する差別感情があり、私に対する上から目線があのを感じる。

最近読んだ本、佐々木正美著「アスペルガーを生きる子どもたちへ」はアスペルガーの子育てをする者には、とても勇気づけられるよい本なのだけれど、大人のアスペルガーに関する記述には、どうしても納得できない部分もある。

それは、
「アスペルガーの人たちは、誠実でまっすぐである」
という部分。

少なくとも、夫は、私や自分自身に対しては誠実ではない。
自分の弱さを認めることはしないし、脳の機能の違いによって生じる行き違いによって起きる不都合は、すべて自分以外に原因を求める。そういう姿勢を、果たして誠実と呼べるのだろうか?

アスペルガーの人の配偶者や子どもに対してよく言われることに、
「アスペルガーの人ができないことをやれというのは、目の見えない人に見ろ、耳の聞こえない人に聞け、足の悪い人に走れと言うようなもの」
という言葉がある。

子どもについては、その言葉はもっともだと思う。でも、大人の場合は?もちろん、理屈としては、その通りだと思う。できないことは、手伝う。譲る。そんなのは人間として当たり前のことだ。

でも。
三度目の、でも。

目の見えない人が、「自分は見えている」と言い張るだろうか。「目の悪い私が見えていないと言うのは、お前のほうがおかしい」と言うだろうか?見える人に手を貸す、あるいは見えない世界を共有するのが当然として、感謝することはないのだろうか?手を貸さない人

見えない世界を理解しようとしてもできない人を、バカにしておかしい人扱いをするのだろうか?

しないと思う。

健常者同士であっても、得意不得意があり、お互いに助け合い、譲り合い生きている。そういうときには、その時々に感謝しあい、労いの気持ちを持って接する。

でも(4どめのでも)、夫は違う。自分のルールに合わないことをする人間は、ことごとくバカにする。見下す。私など、娘を妊娠してからの5年余り、何度、
「(頭が)おかしいんじゃないの?」
と言われたことか。

どっちがおかしい、とかじゃなく、どうしたら、お互いに気持ちよく過ごせるか、考えたいのに、夫は自分が気持ちよければ、万事平和だと信じているのだ。それは、夫をアスペルガーと推定した今、「自分さえよければいい」という自己中心的な考えから来るものではないと、頭ではわかっている。

それでも、夫の知識と私の知識にズレがあったときなど、
「そんなこともわからないの?何も知らないんだね」
と言われる(事実としては、私の知識が正確なことが多い)ようなことが、全ての状況で続くとしたら。
いや、続くのだから。

私は何を拠り所として、自尊感情を保てばいいのだろうか。
posted by プルーン at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 大人のアスベルガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

夫もアスベルガー症候群?

かなり前、「片付けられない女たち」という本が流行ったとき、自分がADHDや、大人の発達障害なのかもしれないと思ったこともあって、発達障害については、妊娠前から、わりと知識があった。

片づけられない女たち [単行本] / サリ ソルデン (著); ニキ リンコ (翻訳); WAVE出版 (刊)

それもあって、娘のAmiの言動にも疑問を持ったわけだけれど、はっきりアスペルガー症候群に的を絞って勉強すると、新しい発見がたくさんあった。

その一つが、夫もアスペルガー症候群である可能性があるということ。

夫婦二人で過ごして14年余り。二人だけというのは実に気楽なもので、夫の行動が多少、変わっていても、合わせられることは合わせ、合わなければ別行動、もしくは私が一方的に怒りまくっておしまい、で済んでいて、まるで気づかなかった。

それが、妊娠、出産となると、どうしても二人で歩調を合わせたくなるものだし、そうするのが当然だと私は思っていた。でも、夫はそうは思わなかったようだ。自分の生活パターンは一切、変えることはなく、自分の思い込みに従った娘への接し方をし続け、生活パターンを無視し、私を混乱させた。

混乱した私は、夫を責めるし、責められた夫は自覚がないので、逆ギレしまくり。ついこの間まで、私はもうこの夫とはやっていけない、何年かけても自活の道を開き、離婚するしかないと
腹を括りかけていた。

ところが、Amiがアスペルガー症候群の診断を受け、関連書籍を読み漁るうち、まだハッキリとした困難が少ない娘よりも、夫に当てはまることが多いのにビックリ。

そのうちに出会ったのが、
「旦那さんはアスペルガー」
という漫画だった。

旦那さんはアスペルガー [ 野波ツナ ]旦那さんはアスペルガー(ウチのパパってなんかヘン!?) [ 野波ツナ ]旦那さんはアスペルガー(しあわせのさがし方) [ 野波ツナ ]


結婚してから、夫がアスペルガーとわかった著者、野波ツナさんが、夫の行動について書いたもの。この夫は受動型と抑制型の混合なので、細部ではいろいろ違うところがあるけれど、大枠では同じ。

解説している医師のコメントに、絶望を感じた。

「本人が困っていない限り、診断名もつかないし、どうすることもできない」

その次に出会ったのが、オーストラリア人男性と結婚したスイス女性カトリンの手記だった。文化的背景は違うのに、この女性が直面している困難は、私の困難にとても近かった。
「一緒にいてもひとり」
一緒にいてもひとり [ カトリン・ベントリー ]

この本に出てくる夫は、35歳でセミリタイアできるほどの資産を稼ぐほど優秀だということ、本人も困難を感じているほど障害が重いことは、我が家とは違ったけれど、パターンは似ている。

というわけで、この本に書いてある、カトリンという女性が夫との生活を円滑にするための工夫を、私なりに取り入れてみた。先のツナさんの対処法(続編も含めて)も取り混ぜて。

すると、今までは繋がらなかった会話が繋がったり、夫がキレることが目に見えて減った。

ということは、やはり夫はアスペルガー症候群だということを前提にして接するほうがよいという結論になる。それ以来、ずっとその方法で切り抜けているし、夫も否定しながらも、思うところがあるのか、これ見よがしにテーブルの上に置いておいた「旦那さんは〜」もチラッとは読んだらしく、歩み寄る姿勢が感じられなくもない。

それでも、この方法は、私の方がほぼ一方的に自分の素直な感情を抑えなければならないし、娘への接し方も夫には問題ありありなので、いつまで続くかはわからない。

できれば、夫にも認識してもらって、本格的に対処してほしいと心から願う。
posted by プルーン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大人のアスベルガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。