2012年03月08日

遊戯療法の劇的な効果(2010年7月12日)

臨床心理室での初回の相談時に、「遊戯療法をする臨床心理士の都合を聞いてから、連絡します」と言われて、後に電話で決まった日程が2010年7月12日だった。

担当してくださるのは、本当に若い、私から見ると可愛らしいお嬢さん、といった風情の臨床心理士さんのH先生。

玄関から、部屋へ移動する間に、S先生(経営者である80近いかもしれない老婦人の臨床心理士さん)が言った。
「最近のお母さんはね、発達障害と診断されるとホッとなさるんですって」
その口調は、明らかに母親を責めていた。私は母親のそういう気持ちはよくわかるので、かなりショックを受けて、何故なのか聞くのが精一杯だった。
「診断されると、お薬が出るの。それを飲ませれば済むと思うみたいよ」
予想外の答えに、そのことについては何も考えられなくなった。薬で解決するんだろうか?解決するなら、それの何が悪い?自分の育て方に問題がないとわかった上に、治療できるのがわかってホッとしてはいけないんだろうか?その薬で子どもに悪影響でも?疑問は浮かぶのに、「この人に聞いても意味ないよ」と、私の第六感が言っていた。その勘は正しかったと、今は断言できる。


1回目の遊戯療法は、初回相談のときに改めて通されたのと同じ部屋。Amiはその部屋の玩具でH先生と遊ぶ。慣れるまでは私も同室のテーブルでカウンセリングを受けることになった。

娘の心配事については、初回でほとんど話尽くしていたので、私は自分のことについて話した。うつ病を再発させないため、娘との関わりかたが悪いなら、改めるため。

娘を育てながら、私は自分の生育歴の嫌なことを追体験していた。
うつ病で寝込んでいたときも、シッターさんの元で泣いている娘の声を聞きながら、何故か「お母さん、早く側に行ってやって。泣いてるでしょう」と、寝室にいながらボーッとした頭で考えていた。当時もカウンセリングのときもわからなかったけれど、このとき、私は妹が生まれた直後の気分だったようだ。ずっと後に、ツイッターで気づかせてくださった方がいた。
それ以外は、娘と自分自身を重ねて、こういうことはされて嫌だったからしない、これはしてほしかったからする、というように、Amiに接していた。もちろん、うつ状態が落ち着いてからは、Ami自身の欲求や個性を見極める努力も忘れなかった。私とAmiとは別の人格を持つ人間だから。

というわけで、私の話は、自分の生育歴、事実上縁を切ってしまった親や弟妹の話、夫との関係について、そして、Amiとの関わりで考えたことなど。

遊戯療法は、Amiにとっては楽しいらしく、いつもなかなか帰りたがらなかった。何度、促してもなかなか帰れない。初日からそうだった。
「ここが楽しいということは、ここが必要だということね。大丈夫になると、退屈になるのよ」
とS先生。

約1時間の後、Amiをなんとか説得して帰った。
バスを乗り継ぎ、片道1時間はキツく、次回の予約はしたものの、気の進まぬ思いだった。

ところが翌日。
「お母さん、ウンチ」
と言いながら、Amiは私をトイレに連れていった。
そして、
「トイレでできるよ」
と言って、便器に腰掛け、見事、成功!

思いきり誉めたけど、本人はキョトン。

その夜から、寝るときのオムツも、布パンツに変更。
あっけないほどに、すんなりオムツがとれた。
10日もすると、オムツでウンチをしていたなんて忘れてしまったAmi。
「赤ちゃんはね、オムツでウンチをするんだよ」
はぁ?この間までは、赤ちゃんだったわけ?と言いたいのを堪えて、
「そうだね。Amiはもう赤ちゃんじゃないね」
と言っておいた。

このオムツ外れで、また義母にムカついた。
週に2,3回は電話をするので、もちろん報告したのだが、
「『今まであなたが気にすると思って言わなかったけど』心配してたのよ」
と言うのだ。言わなかったって?気にすると思って?電話の度に、
「ウンチはどう?」
って、聞いてたのは、何?
「オムツがなかなか外れないね」
とハッキリ言わなければ、気にしないと思うんだ……
(-_-;)
思えば、歩いたときもそうだった。
Amiは歩くのが遅かった。
1歳4ヶ月と28日目に初めて保育園で2,3歩歩いた。
その報告をしたときも、同じことを言った。
「あなたが気にすると思って言わなかったけど、心配してたのよ」
1歳前後から、毎日のように電話してきて、ついでのように装ったつもりの様子で、
「歩いた?大丈夫よ、小学生になって這ってる子はいないから」
と言っていたのに。
こういう言動が、母親を追い詰めると知りつつ、自分ではしていないと思い込んで、それでも責めるって……。

この人はこういう人と思うしかないんだな、と思いつつ、未だに傷つけられる私も問題だけど。

そんな劇的な効果があれば、不信感は何のその。続けてみるしかない。私自身の思い違いで、S先生が正しいのかもしれない。老齢とはいえそこはプロ。

そんな風に思って、月に一度、通うようになった。

次のカウンセリングのとき、オムツ外れのことを話したら、Amiが遊戯療法で何か変わったわけではなく、お母さんの接し方が変わったのだと言われた。
でも、前回のカウンセリングでは、私は自分のことしか話していないし、Amiへの接し方も、自分では何も変わったとは思えない。前々回、私だけが話したときには変わらず、前回、本人への遊戯療法が行われてからの変化だったのに、それはおかしな理屈だと思った。
今だったら、せっかく釣り上げた稼ぎ口を逃すまいという魂胆だったように思うのだけど。遊戯療法だけだと、H先生からのマージンだけが収入で、カウンセリングがつけば、自分の分も入る。
考えたくないけど、バブル期に建てられた分譲マンションの角部屋2つを維持し、別に自宅もあるようだから、その考えも外れてはいないように思う。

やはり通う度に、違和感が募るのだった。
posted by プルーン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床心理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

初めての臨床心理相談室(2010年6月)

Amiの登園拒否で思いあぐねていた私に、心療内科の主治医が紹介してくれた臨床心理士さんに電話をして予約をした。

電話の印象は、あまりパッとしなかった。なんというか…「来たいならどうぞ」という感じ。今、考えると、通っている間にもずっと持っていた違和感は、ここから始まっていた。

「一緒に考えましょう」という寄り添う態度がなかったのだ。確かに、カウンセリングというものは、クライアントに感情移入してしまっては、よい仕事はできないんだと思う。でも、それと、あくまで第三者的な姿勢でしか見ていないという態度をあからさまにするのとは、ちょっと違うような気がするんだよな。

初回の相談のことは、ほとんど記憶にない。古い分譲マンションの一室の普通の応接室のような部屋に通された。第一印象はよくなかった。主治医の紹介でなければ、怪しい宗教に引き入れられるんじゃないかと心配したところだ。70過ぎ、ひょっとしたら80過ぎかもしれない老夫婦が20年前に開業したというから、一見してそれと分からないようにしたのかもしれない。

迎えてくださった臨床心理士さんは、老婦人。

娘のことで相談と言っていたのに、私が娘を伴っていったのは想定外だったようだ。
「お嬢さんもご一緒なら、部屋を移動しましょうか」
と、一つ上の階の別の一室に案内された。LDKの壁をすべて取り払い、大きな一室になったところに、箱庭療法に使う砂の入った箱、大きな棚に沢山の小さな人形やフィギュア、数々のおもちゃ、なぜかビリヤード台、ピアノ、子どもの喜びそうなものがたっぷり置いてあった。Amiはそこで自由に遊び、その間に中央に置かれたテーブルで初回相談を行った。

私の気になることを一つ一つ説明した。

1, 半月ほど登園拒否状態
2, 3歳7ヶ月。オシッコはトイレでできて、普段は布パンツで過ごすのに、「お母さん、ウンチが出るからオムツに替えて」と、言うことはできるのに、トイレではできない
3, 私と夫、義母限定で、膝に抱くと、抱いた大人の手の甲をつねり続けること
4, 指しゃぶりを常にしていること。大抵、親指
5, 挨拶ができない。よその人にはもちろん、親にも。親には「ありがとう」だけは言える
6, タオルなどを床に敷いて、お人形の布団に見立てるときなど、何十分かけてもどこにも皺なくピシッとなるまでしつこく何度でも直すこと
7, お絵描きや塗り絵(主に保育園でする曼陀羅塗り絵)に使う色が、茶色一色だけ
8, ひらがなの読みを3週間かからずに、覚えてしまったこと
9, 8番以外のことと、1歳から2歳半までくらいの間、うつ病で寝込んでしまって、母親が構ってやれなかったのが影響しているのか心配。そうだとしたら、埋め合わせることはできるのか


この日に話したのは、このくらいだったと思う。

3番4番は、注意したりしないで様子を見ましょう、手の甲をつねられるのは多少痛いでしょうが、とのこと。

9番に関しては、関係はあるかもしれないけれど、これからの関わり方で取り返すことは十分できると言われた。

7番は、実はこの時点では、私が一番気にしていた。3歳児が茶色一色(ピンクや黄色、水色などの明るい色ならともかく)で絵を描くなんて、尋常じゃない気がしたから。その頃、ちょうど阪神淡路大震災のときに、子どもに絵を描きたいときに描きたいように描かせて癒す取り組みが話題になっていて、怖い気持ちを口で言えない子などは、黒一色の絵など、絵から読み取れる情報は多いと言っていた子とも影響していた。
このときは、「よくわからないので、調べておきます」と言われたのだが、結局、未だにその話はなかったことになっているし、聞けない雰囲気だった間に、普通にカラフルな絵を描くようになった。

8番については、私が気にかけているのが発達障害であると察したようで、
「そういうことが問題になるお子さんはね、カレンダーをまるまる覚えちゃったりするのよ。そんなことはないでしょ?」
と言って、一笑に付された。それ以上聞けない雰囲気。

う〜ん。Amiは普通にコミュニケーションできるし、こどもちゃれんじのワークだってサッサとやってしまう。「レインマン」のような典型的な自閉症を心配してるんじゃないんだけどな、と。でも、障害を否定されたのは、その時点では嬉しかった気がする。

あとのことは追い追いと。

初日から不信感だらけ。
でも、信頼する主治医の紹介だし、主治医は娘よりむしろ私自身の心の安定を目指しての紹介だったかもしれない。
そう考えた。

そして、次回からは、若手の臨床心理士さんがAmiを担当し、遊戯療法をするとのこと。併行して、私は別室でカウンセリング、ということになった。

子か親かどちらか一人なら8千円、親子で1万3千円。
せっかくここまで一緒にいらっしゃるのだから、と勧められた。

初回の相談料は1万円。

ずいぶん、お金がかかった。子ども手当てがなかったら、尻込みしていた。

でも、藁にもすがる思いだったから、子ども手当がなくても次回の予約をしたかもしれない。
posted by プルーン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床心理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。