2012年02月25日

あれ? もしかして、ちょっと違う?

生まれたときから、既に育てにくい子だったAmi。
そこから書くのは、また後にして。
本格的に、あれ?ひょっとして?と疑い始めたところから、書き始めます。

Amiの保育園は、異年齢保育。年少から年長までが混じって、二つのクラスに分かれて過ごします。
毎年1月に、年長さんが入園準備のために独立したクラスになるために、乳幼児クラスが一つずつ持ち上がる、クラス変更が行われます。3ヶ月かけて新しいクラスに慣れたところで、4月に
新入園児さんを迎えたら、混乱が少ないという園の方針です。

新しい年齢クラスで、年中さん、年長さんに可愛がられ、問題なく4月を迎えました。

3月の終わりごろ、赤ちゃんの頃から取っている、こどもちゃれんじの新しい教材が届きました。
ひらがなパソコンとポスター、ひらがなにまつわるあれこれがいっぱい詰まっています。

一緒にその教材で遊んだりはしましたが、特にひらがなを覚えるよう、促したり、働きかけたりは、親からは何もしませんでした。

でも、Amiはさっさと自分でひらがなパソコンの使い方をマスターし、次の教材が届く前には、ひらがなすべてを読めるようになったのです。

すごいじゃん。

で、済ませてもいいようなことです。

でも、私自身が、自分が大人の発達障害ではないかと疑っていたので、このことはかなり引っ掛かりました。
片仮名に至っては、教材もないのに自分でほとんど覚え、わからない分は聞くので、ひらがなポスターの横に書いてやると、これはもっと早く覚えました。

最近の診断後にその事を医師に聞いてみると、「文字への拘りでしょうね」 でした。

これが、最初の気づきです。

もちろん、その前にはいろいろ小さな「困った」がたくさんありました。
でも、多くの方がおっしゃるように、どれも一つ一つ
取り出して、誰かに話しても、
「うちもあるよ」
「気にしすぎ」
「親が神経質になると、子どもに悪い」
とか言われるだけでした。

うつ病で寝込んでいたために、市から子育て支援を受けていたので、保健師さんや、民生子ども課の担当の方、主治医が、共感して話を聞いてくださったことは、有り難かったです。でも、結局は、具体的な解決にも、診察にも繋がらなかったのは、残念でした。
posted by プルーン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アスベルガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。