2012年03月14日

卒園式の祝辞

アスベルガーとは直接関係ない話。

3月17日(土)は、Amiの保育園の卒園式。Amiは年中なので見送る側。母である私は保護者会役員として祝辞を述べなければならない。定員80名の小さな園なので、年中年少の役員は一人ずつしかいないのだ。来年は保護者会長に決定している。

役員は、持ち上がり制とは知らず、年少の時一年だけだと思って、園長先生に頼まれて引き受けた。正直、騙された気分。祝辞を述べなければならない話も、年少の役員のお母さんから「役員になるとき、年中のときは卒園式の祝辞をやるって聞いたけど、やるの?」と3月の初めに聞くまで知らなかった。人前で話すことは、上手ではないけれど抵抗のない私は、当たり障りのないことを言っておけばいいだろうくらいに思っていた。

ところが、今週の月曜(12日)になって、3年分の祝辞の原稿と原稿用紙を渡されて愕然……。こんなちゃんとした紙に書いて読み上げる訳〜??? 更に、過去の役員さんたちの原稿は、オリジナリティに溢れるとは言い難い金八先生風のものではあるけど、文例集にあるような、当たり障りないものではなく、ある程度、その人の言葉で書かれたもの。

原稿を考えるのはいいけど、清書するのが嫌〜。残るのが嫌〜。
残るとなると、内容もすごく考えてしまう。

実は私はライターの仕事をしていたこともある。すごく読者層は狭いもののパソコン雑誌の記事(全国誌)も書いていた。でもでもでも。それよりずっと緊張する。

特に、娘がアスベルガーとわかった以上、普通の「頑張れ」とか「やればできる」みたいなことは言う気がしない。「弱い子は助けてあげてね。いじめないでね」と言いたいのが本音。
結局、そういう内容を、誰にでも通用する形でまとめてみた。
これは、卒園児に向けた言葉でもあるけれど、実は娘のAmiへのメッセージかもしれない。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「卒園式 祝辞」

 年長さん、卒園おめでとうございます。
 保育園で、泣いたり笑ったり、いろいろなことを覚えて大きくなった皆さん。今日はいつもよりずっとキラキラして見えます。
 保護者の皆様、お子様が人生最初の節目を迎えられたこと、心よりお喜び申し上げます。
 産声を聞いてから6年何ヶ月、いろいろなことがあったと思います。初めて笑った、初めて立った。一つ一つの成長が、大きな喜びだったことでしょう。熱を出したり、怪我をしたり、夜泣きに悩まされたり、ご苦労も多かったと思います。保育園からの「熱が出ました」の連絡に、仕事をやりくりして駆けつけたことも一度や二度ではなかったかもしれません。お子様方の晴れ姿をご覧になり、感慨深いことでしょう。保護者の皆様の懸命な支えがあって、この日を迎えることができたのだと思います。本当にお疲れさまでした。
 卒園児の皆さん、四月からいよいよ一年生ですね。ワクワク楽しみな気持ち、ドキドキ心配な気持ち、どちらもありますね。保育園と違って、学校では自由に遊ぶ時間は少なくなります。大人になる練習です。でも、心配しなくても大丈夫です。初めは難しくても、だんだんできるようになります。
 学校を楽しくするためのヒントを三つお話します。
 一つめは、好きなこと、得意なことを見つけて、楽しく頑張ること。苦手な人に教えてあげられるくらいになりましょう。
 二つめは、難しいことにもチャレンジすること。下手でもいいのです。一所懸命やりましょう。得意な人に教えてもらうことも一つの方法です。「教えて」と言えることが大切です。
 三つめは、困ったことがあったとき、もやもやした気持ちのとき、黙って我慢しないで、誰かに話してみることです。一人で考えていると、どんどん苦しくなってしまいます。もちろん楽しいこと、嬉しいことも話しましょう。
 好きなことを頑張ること、難しいことにもチャレンジすること、何でも話すこと。是非、やってみてください。
 優しい先生方や職員の方々に見守られ、保育園で過ごした毎日は、皆さんの心の宝物になることでしょう。小学生になっても、ときには遊びに来て、元気な姿を見せてください。楽しみにしています。
 簡単ですが、もう一度、お祝いの言葉を申し上げて、祝辞とさせていただきます。
 卒園おめでとうございます。
平成24年3月17日 在園児保護者代表
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
こんなに長いの、子どもたちは聞いていられるのかなぁ、他にもたくさん祝辞があるだろうし、と思うんだけど、過去3年のはもっと長かった。今年、渡された原稿用紙は58行なので、このくらいの分量になった。
さっき、筆ペンでこの文章の下書きをしてみて疲れちゃったから、清書はまた明日。
来年は、お礼の言葉を書かなきゃならないんだよな。今から頭が痛い。
posted by プルーン at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 保育園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。