2012年03月26日

2011年11月22日小児科での発達検査

2011年11月22日。

小児科で受付を済ませると、すぐに臨床心理士さんが現れて、同じフロアにある面談室に案内された。前回の診察で検査を予約したときに紹介されていたので、スムーズ。

本当は面談室には、Amiが一人で入って検査を受けるはずだったようだが、離れられず、取り敢えず一緒に入っていいということになって検査が始まった。検査の名前は、「田中ビネーX」。

先生に慣れてきたところで、目配せをして私は退室。終わるのを待つことにした。15分くらいした頃だっただろうか。弾けるように検査室から出てきたAmiが、なにかを「できたよ!」と、見せてくれた。何だったかはすっかり忘れてしまった。まだ検査の途中だったので、また先生と二人で面談室に戻っていった。

実際にどのくらいの時間がかかったか、これもすっかり忘れてしまった。ただ、Amiにとって、特別に気を惹かれることでなければ、長すぎる時間だったことは確か。このくらいの年齢(11月1日生まれなので、5歳0ヶ月)なら、普通は耐えられないものだと私は思っていたくらいの時間だった。30分以上45分未満かな。

検査が終わると、小児科の主治医、S先生の診察室に呼ばれた。

なんとなぁく、S先生の顔が険しい気がした。そして、
「うん、Amiちゃん、頑張ったね。全部できたね。ビックリしたよ」
と娘に言い、私には、
「問題は全部できました。検査の結果は、いつにしましょう?」
と言って、12月13日に予約をした。
私には、全部できるとは思わなかった、という口ぶりに感じた。

そして、12月13日、結果を聞いた。

5歳0ヶ月で5歳の問題はすべてクリア。6歳の問題は全滅(当然)。ということで5歳4ヶ月の知能ということ。まぁ標準。
まず、一人で面談室にはいれなかったのが問題の一つ。私としては、5歳ならしかたがないかと思ったら、そうではないらしい。

そして、母が退室した後、検査員に慣れてしまうと、お友だち感覚になり、落ち着きをなくしてしまう。席を立ったり別のものに興味を示してしまったり、なかなか問題に集中できない。促せば、なんとかやる。これが問題の二つめ。

次に、途中で断りもなく席を立ち、面談室から出て母に何か見せに出てしまったこと。これも、経験がないと、「行ってもいいかか」と聞かなければならないのはわからないんじゃないかなぁ、とは思った。何しろ、個室に自分一人で入ってなにかするというのははじめてだし、そういうことをするという予告もなかったから。でも、これが三つめの問題。

最後に、検査の途中で、検査に使う玩具のような器具を思いっきり引っ張って、外してしまった。通常であれば、ごめんなさいを言うべきところで、それがわからず、むしろ「力が強いでしょ?」という感じに得意気。これが問題の四つめ。

結論としては、知的には標準かそれ以上、でも、集中がしにくいし、段取りなどを理解しにくいところがある。つまり、ADHDの傾向が強いと思われる。とのことだった。

対処としては、絵カードなどを使って、次にすることなどを分かりやすく視覚化して示す。ペアレント・トレーニングを受けてみるのも言いと言われた。ただ、それがどこで受けられるかは、検索するなりしてください、だった。

全体に、わかったようなわからないような。
とにかく、今後ADHD傾向が強くならないように、何とかしなくてはならない。

S先生が、いつになく神妙な表情だったのが、かなり気になった。
でも、それ以上、何をどう説明していいのか、わからなかった。

ただ、思ったよりも、事態は甘くなさそうだということだけ、感じていた。

夫の帰りを待ち、検査結果を伝えたけれど、それで?小さいんだから普通でしょ?ととりつく島もなかった。

思えば、あの日が私の孤独の始まりだった。
posted by プルーン at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | アスベルガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。