2012年03月19日

配偶者の自尊感情

娘のAmiは、アスペルガーだろうと、多少手がかかろうと、無条件に可愛い。なんとしても力を尽くして、できるだけ本人の持ち味を活かし、できるだけストレスを減らして、社会に順応できるよう、親として精一杯、支援したいと思う。

発達障害の親は誰でもそうでなければならないなんて、思わない。いくら頑張っても、受け入れられず、前向きになれない親だっていると思う。それはそれで、仕方がないと思う。私の親なら、絶対に受け入れないだろう。そういう親を子どもが受け入れるのは、もっと難しいと思うけど。

でも。夫のアスペルガー的態度には、いつまで付き合えるかまったく自信がない。もちろん、夫がアスペ的であるとわかってから、家庭生活はマシになった。夫も心の奥底では何か感じているのだろう。多少、態度が軟化した。そして、私は私で、アスペ夫の妻本などから得た、乗りきり法みたいなものを自分なりに取り入れて、ある程度、かわしかたを実践できるようになってきた。

再び、でも。
釈然としない。
夫は、
「俺は違うよ」
「医者が経験だけで診断するんだって」
あくまで否定する。その言葉の裏に、「障害者」や「精神病患者」に対する差別感情があり、私に対する上から目線があのを感じる。

最近読んだ本、佐々木正美著「アスペルガーを生きる子どもたちへ」はアスペルガーの子育てをする者には、とても勇気づけられるよい本なのだけれど、大人のアスペルガーに関する記述には、どうしても納得できない部分もある。

それは、
「アスペルガーの人たちは、誠実でまっすぐである」
という部分。

少なくとも、夫は、私や自分自身に対しては誠実ではない。
自分の弱さを認めることはしないし、脳の機能の違いによって生じる行き違いによって起きる不都合は、すべて自分以外に原因を求める。そういう姿勢を、果たして誠実と呼べるのだろうか?

アスペルガーの人の配偶者や子どもに対してよく言われることに、
「アスペルガーの人ができないことをやれというのは、目の見えない人に見ろ、耳の聞こえない人に聞け、足の悪い人に走れと言うようなもの」
という言葉がある。

子どもについては、その言葉はもっともだと思う。でも、大人の場合は?もちろん、理屈としては、その通りだと思う。できないことは、手伝う。譲る。そんなのは人間として当たり前のことだ。

でも。
三度目の、でも。

目の見えない人が、「自分は見えている」と言い張るだろうか。「目の悪い私が見えていないと言うのは、お前のほうがおかしい」と言うだろうか?見える人に手を貸す、あるいは見えない世界を共有するのが当然として、感謝することはないのだろうか?手を貸さない人

見えない世界を理解しようとしてもできない人を、バカにしておかしい人扱いをするのだろうか?

しないと思う。

健常者同士であっても、得意不得意があり、お互いに助け合い、譲り合い生きている。そういうときには、その時々に感謝しあい、労いの気持ちを持って接する。

でも(4どめのでも)、夫は違う。自分のルールに合わないことをする人間は、ことごとくバカにする。見下す。私など、娘を妊娠してからの5年余り、何度、
「(頭が)おかしいんじゃないの?」
と言われたことか。

どっちがおかしい、とかじゃなく、どうしたら、お互いに気持ちよく過ごせるか、考えたいのに、夫は自分が気持ちよければ、万事平和だと信じているのだ。それは、夫をアスペルガーと推定した今、「自分さえよければいい」という自己中心的な考えから来るものではないと、頭ではわかっている。

それでも、夫の知識と私の知識にズレがあったときなど、
「そんなこともわからないの?何も知らないんだね」
と言われる(事実としては、私の知識が正確なことが多い)ようなことが、全ての状況で続くとしたら。
いや、続くのだから。

私は何を拠り所として、自尊感情を保てばいいのだろうか。
posted by プルーン at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 大人のアスベルガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。