2012年02月28日

2月28日、初訓練(療育センターにて)

思った以上に初めての訓練が厳しくて、私のほうがショックを受けて、なかなか書けずにいた。

担当の言語聴覚士さんの言葉によると、
「嫌なことでも、決められたことはある程度できるようにする」
のが、大きな目標らしい。
「勝手気ままが通用するところはどこにもない」
「今は、力で抑えられるけど、大きくなったらそうもいかないから、今の
うちに自分で抑えることを覚えてもらう」
とも。

う〜ん。
Amiは、私が側にいなければ、大抵のことはやるんだよな、今は。
保育園では、勝手気ままどころか、自分を抑えすぎているくらい。ここで先生との駆け引きで、自分の気持ちを言葉で説明する訓練にもなる、ということかな?
大人の都合で、Amiを型にはめて扱いやすくしようとするのとは、違うのかな。ここで挫折感ばかり味わって、心が折れちゃわないかな。個性まで潰れないかな。
これが、今回の疑問。

そんな疑問を持ったまま、記述する報告です。

初日ということで、30代と見られる、まぁベテランぽい言語聴覚士S先生と、若いT先生が療育に当たり、その様子を見て、次回からはどちらか片方が担当してくださるとのことだった。結論はS先生。あれだけ暴れればね……。若い先生じゃ、太刀打ちできないよ。

まず、指導する個室に入るところで一悶着。明るく開放的な雰囲気ではあるけれど、4畳半ほどのスペース。
スリッパを脱いだときに、
「Ami、スリッパを揃えて」
と私が言うと、
「お母さん、やって〜」
とAmi。
私がやろうとするが早いかいなか、早速、S先生、指導開始。
「Amiちゃん、自分でやろうね」
「嫌だ。お母さん」
とAmi。
「お母さん、中に入っちゃってください。そこの青い椅子にかけてください」
と、戸口のある壁に沿って置かれた椅子をS先生に勧められて座る。
しばらくS先生とAmiは駆け引きしていたが、Amiが折れて、スリッパを揃えて入室。
S先生が、
「できたじゃん」
と誉めてくれる声も耳に入らず、不貞腐れるAmi。もう、この時点で、Amiの気持ちは反抗モードにスイッチオン。

S先生「じゃあ、Amiちゃん、机の前にある椅子に座ってください」
Ami「お母さんがいい」
S先生「お母さんは、お母さんの椅子に座ります。AmiちゃんはAmiちゃんの椅子に一人で座ります」
Ami「お母さんがいい〜!」
号泣&叫ぶ。

S先生に何度も促されて、Amiはもう癇癪が止まらない。床にそっくり返って、足をバタバタ、床を背中で這いまわって移動……。
ギャーギャー、ワーワー。
「椅子に一人で座るの嫌だ〜!お母さんがいい〜!!」

S先生は更に促しながら、ホワイトボードに今日の予定を書いていく。
「Ami
ちゃいろのいすにすわります
おかあさん
あおいろのいすにすわります

1. はめ込みパズル(パズルの写真を磁石で貼る)
2. 動物パズル(パズルの写真を磁石で貼る)
3. 何かのパズル(パズルの写真を磁石で貼る)
4. さようなら」
「今日は、これだけやるからね。全部できたら、帰れるよ」

聞いちゃいない。
結局、1時間以上、泣き喚き続け、S先生に逆らい続けた。
最後までほとんど譲らなかったS先生だけれど、もう時間的にも、Amiの精神的にも限界との判断だと思うけど、矯めつ眇めつ、1つめのパズル(2歳くらいの子がする木版をくり抜いた、動物や物の絵の形を当てはめていくもの……。12個くらいあったかな…)の3つを、なんとか私の手をクレーンのようにして、はめたところで終了。

「今日は3個、できたね。次は3月7日に来ます」

そして上着を着るとなると、もうAmiはケロッとして、笑顔も見せる。
長かった……。
帰りの挨拶もできないので、またそこでちょっと揉めかけたけど、そこはS先生、譲ってくれて、すんなり帰らせてもらえた。

すっごく疲れた……。

癇癪の間、ボチボチ、現在の家での状況などを聞かれた。

「こういうパニックにならないように、Amiちゃんの要求をそのまま飲んじゃったりすることはないですか?」

「私は決めたことは譲らないように気をつけてるんですが、夫がそういうところが多くて困っていました。でも、A先生に診断を受けて説明を伺ってから、『もうしない』と言ってくれています」
と答えたけど。
基本的には「ダメなものはダメ」なのが私のスタンスだった。障害だなんてわからなかったから、力づくで拒否してきた。私だって、いつもいつも突っぱね切れるもんじゃないから、「ときには」折れて、要求を飲むこともある。でも、そう正直には答えられなかった。そう答えたら、「いつも折れている」ととられかねない様子だったから。

ぶれちゃいけないのはわかるけど、私も生身の人間だし、先生と違って、時間が 来れば終わりではない。完璧にできるわけがない。方針がわかっていて、目指していればいいと、今は思っている。

でも、あの日は、なんだか親としての至らなさを責められたように感じた。
哀しかった。

ツィッターで臨床心理士さんが言っていた。
「発達障害時の親は、完璧な療育を目指す傾向が強い。それが子の負担になって、よくない結果に至ることもある」
「ありのままの本人を認めることも、大事にしないといけないですね」
とリプライしたら、お気に入り登録してくださった。
そういう考え方でOK、という意味だと解釈した。

親って難しい。

子に障害があってもなくても。
posted by プルーン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アスベルガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。